鋼製防護柵協会
ホーム トピックス 製品紹介 研究開発・活動報告 Q&A 協会について リンク
文字サイズの変更が可能です。
お好みの大きさの文字をクリックして変更してください。
Q&A
ガードレールの曲げビームの最小曲げ半径は?
3山ビームは最小半径10mまで工場で製作できます。
2山ビームは最小半径5mまで工場で製作できます。
1山ビームは最小半径20mまで工場で製作できます。
前のページへ戻る
ガードレールの直線ビームが、取り付け可能な曲線半径は?
3山ビーム: 曲線半径150m以上は直線ビームで施工可能です。
2山ビーム: A種は曲線半径70m以上は直線ビームで施工可能です。
B種は曲線半径40m以上は直線ビームで施工可能です。
C種は曲線半径30m以上は直線ビームで施工可能です。
1山ビーム: 内R100m以上は直線ビームで施工可能です。
外R30mは直線ビームで施工可能です。
前のページへ戻る
ガードレールの耐雪型金具はどのような場合に使用するのですか?
切土斜面等でビームに作用する斜面雪圧力(グライド力)が大きくビームに水平力が作用してビームがねじられる可能性の高い場合には、補強金具の使用を検討する必要があります。
前のページへ戻る
ガードレールの施工時に注意する点は?
ビームの取付けは下図に示すような重合わせにより、ボルト・ナットで十分に締め付けて下さい。重合わせを逆にすると車両衝突時に車両の誘導性を阻害するなど防護柵の機能上問題となりますので注意して下さい。
なお、ボルトの締め付けトルクの目安は、50N・m以上です。
前のページへ戻る
ホーム | トピックス | 製品紹介 | 研究開発・活動報告 | Q&A | 協会について | リンク
ページの先頭に戻る
サイトのご利用について 個人情報の取り扱い お問い合わせ
(c) 2006 STEEL BARRIER ASSOCIATION. All rights reserved.