鋼製防護柵協会
ホーム トピックス 製品紹介 研究開発・活動報告 Q&A 協会について リンク
「人とみち」紹介
研究開発紹介
文字サイズの変更が可能です。
お好みの大きさの文字をクリックして変更してください。
研究開発・活動報告
景観ガイドライン対応型ガードパイプの開発
平成16年3月に“景観に配慮した防護柵の整備ガイドライン”が示され、道路管理者からの景観に対するニーズは今後ますます高まるものと考えられます。
このような背景から、鋼製防護柵協会に加盟する防護柵メーカー4社(JFE建材、住友金属建材、東京製綱、日鐵建材工業)では、ガイドラインのニーズに対応した車両用防護柵の共同開発を行い、平成17年度にA,B,C種の開発をしました。
研究開発・活動報告のトップページへ戻る
欧米調査 高強度・高速化対応型防護柵の開発 楕円パイプを用いたガードパイプの開発 1山断面ビームを用いたガードレールの開発 緩衝装置の開発 複合型防護柵の開発 景観ガイドライン対応型ガードパイプの開発
ホーム | トピックス | 製品紹介 | 研究開発・活動報告 | Q&A | 協会について | リンク
ページの先頭に戻る
サイトのご利用について 個人情報の取り扱い お問い合わせ
(c) 2006 STEEL BARRIER ASSOCIATION. All rights reserved.