鋼製防護柵協会
ホーム トピックス 製品紹介 研究開発・活動報告 Q&A 協会について リンク
「人とみち」紹介
研究開発紹介
文字サイズの変更が可能です。
お好みの大きさの文字をクリックして変更してください。
研究開発・活動報告
複合型防護柵の開発
従来のコンクリート高欄に比べ、眺望性を向上させ、乗員に与える閉塞感や圧迫感を和らげるため、鋼製材料とコンクリート材料によるハイブリット製品、それぞれの特徴を活かした新しい防護柵です。
鋼製防護柵協会では、平成12年度に日本道路公団が車両衝突時に部材の変形が無く、眺望性を向上させた“剛性-鋼・コンクリート複合型防護柵”を開発した際に技術協力を行いました。
また、平成14年度にはコストダウン・施工性向上を目的とし、鋼製部材の変形を許容する“たわみ性-鋼・コンクリート複合型防護柵”の開発を日本道路公団と共同で行いました。
    支柱 横梁 支柱
間隔
寸法 材質 寸法 材質
SS 剛性 H190×175×9×12 SS400 φ190.7×8.2 STK490 2m
たわみ性 H160×150×9×9 φ165.2×5.0
SA 剛性 H165×150×6×9 SS400 φ190.7×5.0 STK490
たわみ性 H130×150×6×9 φ139.8×4.5
SB 剛性 H140×125×6×9 SS400 φ165.2×4.5 STK490
たわみ性 H125×150×6×6 φ114.3×4.5
SC 剛性 H115×100×6×9 SS400 φ165.2×3.7 STK490
たわみ性 H100×125×4.5×6 φ114.3×3.5
(φ114.3×4.5) (STK400)
研究開発・活動報告のトップページへ戻る
欧米調査 高強度・高速化対応型防護柵の開発 楕円パイプを用いたガードパイプの開発 1山断面ビームを用いたガードレールの開発 緩衝装置の開発 複合型防護柵の開発 景観ガイドライン対応型ガードパイプの開発
ホーム | トピックス | 製品紹介 | 研究開発・活動報告 | Q&A | 協会について | リンク
ページの先頭に戻る
サイトのご利用について 個人情報の取り扱い お問い合わせ
(c) 2006 STEEL BARRIER ASSOCIATION. All rights reserved.