鋼製防護柵協会
ホーム トピックス 製品紹介 研究開発・活動報告 Q&A 協会について リンク
「人とみち」紹介
研究開発紹介
文字サイズの変更が可能です。
お好みの大きさの文字をクリックして変更してください。
研究開発・活動報告
楕円パイプを用いたガードパイプの開発
平成9年度に鋼製防護柵協会では、景観への配慮のニーズに対応するため、上段ビームに楕円パイプを配置したガードパイプを開発しました。このガードパイプは、上段ビームの連続性と透過性を向上させた構造で、支柱は2本の角形鋼管を採用することにより安定感のあるデザインとなっております。
人に優しく道路環境との調和に配慮したガードパイプは、車両用防護柵の種別C〜SC種の性能を満足しており、現在の“車両用防護柵標準仕様・同解説(H16.3:(社)日本道路協会)”に記載され、現道に設置して頂いております。
研究開発・活動報告のトップページへ戻る
欧米調査 高強度・高速化対応型防護柵の開発 楕円パイプを用いたガードパイプの開発 1山断面ビームを用いたガードレールの開発 緩衝装置の開発 複合型防護柵の開発 景観ガイドライン対応型ガードパイプの開発
ホーム | トピックス | 製品紹介 | 研究開発・活動報告 | Q&A | 協会について | リンク
ページの先頭に戻る
サイトのご利用について 個人情報の取り扱い お問い合わせ
(c) 2006 STEEL BARRIER ASSOCIATION. All rights reserved.