鋼製防護柵協会
ホーム トピックス 製品紹介 研究開発・活動報告 Q&A 協会について リンク
文字サイズの変更が可能です。
お好みの大きさの文字をクリックして変更してください。
協会について
 わが国における鋼製防護柵の歴史は、昭和31年に近代防護柵の先駆といたしまして、神奈川県足柄郡箱根町の国道1号線に旧建設省によりガードレールが採用されたことから始まりました。
それからすでに50年を経過し、今日では鋼製防護柵が道路交通の安全施設として重要な役割を果たしております。
 その後、ガードレールに加えガードケーブルやボックスビームなどが開発され、鋼製防護柵は一般道路から高速道路に至るまで、全国各地の道路に設置され道路交通安全の一翼を担っております。
 一方、道路交通の安全管理に携わる皆様方の弛まぬご努力にもかかわらず、近年のモータリゼーションの著しい発展にともない、道路交通事故による死者数は、1万人を下回ったものの、なお7千人前後で推移しております。車両の高速化・大型化にともなう道路交通事故の減少のために、車両の路外逸脱による二次被害防止や歩行者保護の強化に円滑な対応を行い、さらに、人に優しく道路環境との調和に配慮するなど道路交通の向上を図ることを目的とし、平成3年8月にJFE建材株式会社(旧川鉄建材株式会社、日本鋼管ライトスチール株式会社)、神鋼建材工業株式会社、住友金属建材株式会社、東京製綱株式会社、日鐵建材工業株式会社など鋼製防護柵メーカー5社が参加して鋼製防護柵協会を設立いたしました。
防護柵の機能向上に関する調査研究
防護柵に関する技術動向調査および技術課題の検討と具体的対応
防護柵に関する交通事故の実態調査研究
防護柵に関する問題点や二一ズの調査
調査・研究成果の広報活動
講習会、講演会等の開催
機関誌など印刷物の刊行
関係諸機関との技術交流
道路関係諸委員会への参画
その他本会の目的を達成するために必要な事業
■技術委員会
道路分野の技術動向調査と対応策の検討
施主および需要家からの技術検討課題に関する具体的対応
海外道路安全施設の調査及び検討
道路関係諸委員会への参画

■広報委員会

施主および需要家からの防護柵に関する問題点の指摘や二一ズの調査
機関紙の発行および説明会の開催等の広報活動の実施
JFE建材株式会社
神鋼建材工業株式会社
東京製綱株式会社
日鐵住金建材株式会社
〒103−0025
東京都中央区日本橋茅場町3-2-10 鉄鋼会館5階
鋼製防護柵協会
ホーム | トピックス | 製品紹介 | 研究開発・活動報告 | Q&A | 協会について | リンク
ページの先頭に戻る
サイトのご利用について 個人情報の取り扱い お問い合わせ
(c) 2006 STEEL BARRIER ASSOCIATION. All rights reserved.